シャンプーの仕方で抜け毛を防ぐ!薄かった頭頂部も時間が経てば・・・

正しい髪の洗い方について、
詳しく説明している動画をご紹介します。


こちらでは、シャンプーや育毛剤などの商品開発を手がけています。
理学博士の北澤秀子さんです。講習会を開き、美容師に正しい髪の洗い方の指導もしています。

「抜け毛っていうのはですね、シャンプーの仕方によってある程度防げるんですよ」

正しい方法で洗い続けた60歳男性の写真を見せてもらいました。最初、薄かった頭頂部ですが、洗い方を変えただけで、2年後には抜け毛が収まり、さらに太い毛も生えてきました。

早速、正しい方法を教えてもらいます。まずは、特殊なカメラを使って頭皮の状態を調べます。自分ではきちんと洗えているつもりでしたが…。

「すごい、え、なにこれ」
「ちゃんと洗えてないってことですよね」
「ちゃんと洗えてないんですか」
「そうですね」
「そうなんですね、毛穴には皮脂を含む角質が詰まっていました」
「この白いところですね」

そうなんです。私の洗い方は何が間違っていたんでしょうか。北澤さんに普段の洗い方をチェックしてもらいました。

「あ、ちょっと待ってください」
「はい」
「いきなりダメじゃん」
「えー」

そうなんです。髪を洗う前にはブラッシングが必要。髪についた汚れを落とせるだけではなく、頭皮の汚れも浮かせ、洗ったときに落としやすくなります。ブラシは弾力性があり、先端の丸いものがおすすめ。頭皮を傷つけないためです。

次は髪全体にお湯をかけていきます。

「はい、ちょっと待ってくださいね」
「はい」
「えー、何で」

髪の表面を濡らすのではなく、頭皮を濡らすのがポイントです。

「ほお」

髪の中に指を入れて、お湯を十分に含ませ、手のひらを頭皮に数回押し当てます。

「頭皮をよく濡らしてあげますと、7~80%は汚れが落ちてくれます」

続いてシャンプーをつけます。

「あ、ちょっと待ってくださいね」
「はい」
「まただ」

髪の毛ではなく、頭皮につけて洗うのがポイント。適当な間隔を開けて、均等につけていきます。髪の毛を洗うというより、頭皮を洗うという意識が大切なんです。洗い方のポイントは、生え際から頭頂部に向かって細かく動かすこと。血行が良くなり、毛根にも十分な栄養が行き渡ります。

「はい、それではですね、週に1回やると効果的なスペシャルケアをお教えしましょう。」
「はい。」
「頭皮を指ではさみながら、こう、もみ出し洗いをしてあげてください。しっかり頭皮を抑えて指圧した感じで、そしてこう、ぐっとこうして圧迫してあげます。ぐーっと圧迫しながら指と指を寄せてあげます。あの、緩くしてると髪が擦れちゃいますから。」

シャンプーをしているとき、このようなもみ出し洗いをすると、毛穴に詰まった皮脂を綺麗に出すことができます。週に1回で十分だそうです。

再び、頭皮を見てみました。毛穴の角質が綺麗に取れていました。

「おー」
「本当ですねえ」

「すごくすっきり、さっぱりした感じがします」
「そうですか。」
「はい。」
「健康な頭皮でないと、健康な髪の毛ってのは生えてこないんですね。正しい洗い方によって、健康な頭皮になると思います」

「はー」
「ダメ」
「ダメ」
「ダメ」
「いままで間違ってました、私も」
「簡単にやってた」
「ねー、全然違いましたよ」
「専門家の方に詳しく伺います」
「VTRにも登場してくださいました、理学博士で40年近く髪の毛の研究をなさっています、北澤秀子さんです。よろしくお願いします」
「はい、よろしくお願いします」
「洗い方って大切なんですね」
「そうですね」
「知りませんでした。正しい方法を」
「ねー、そうですよね。先ほど先生に教えていただいたポイントを、もう一度おさらいしましょう。はい、こちらです」
「髪を洗う前には、ブラッシングをする」
「はい」
「2つめ、髪の毛ではなく、頭皮を濡らす」
「そして3つめ、シャンプーは頭皮につける。これ、頭皮というのがポイントなんですね」
「そして4つめ、週に1回、もみ出し洗いをするということなんです」
「さらにですね、すすぎ方にもポイントがあるということなんですが、先生、教えてください」
「はい」
「すすぎ方」
「はい、シャンプーとかリンスは、すすぎが不十分だと毛穴とか頭皮に残ってしまうんですね。そういうのが炎症の原因になってしまうんです。ですから頭皮はよくすすいでいただきたいですね。まず頭皮がポイントですね」
「洗うときもすすぐときも頭皮」
「そうです」
「それだけ頭皮って大事なんですか」
「大事ですね、はい」
「はい、そうなんです。そして、ここでですね、抜け毛を防ぐための、頭皮の筋肉を鍛える3つの運動をご紹介します。みなさんもぜひ一緒にやってみてください」
「はい」
「運動ですね」

「そうなんです。この運動を行うと、頭皮の血行が良くなるので、それによって髪の毛であったり、頭皮が健康になって、栄養が行き渡ります。はい。まず、1つめをご紹介します」

「頭頂部の筋肉と頭の後ろの部分の筋肉を鍛える運動です。先生、これはどの場所なんでしょうか」
「はい、まずですね、この頭の前の部分にある筋肉と後ろにある筋肉を収縮する運動なんですね。筋肉のための運動です」
「はい、じゃあさっそくお願いします」

「まずですね、眉をいっぱい上げる、目を見開くっていうのを5秒かけて運動しましょう。よろしいですか、はい、1、2、3、4、5。そのときにこの筋肉が収縮してます」

「はい」
「このままで頑張って5秒置きます。1、2、3、4、5。はい、ゆっくり5秒かけて元に戻しますよ。はい、1、2、3、4、5」
「これ、頭頂部あたりの筋肉の運動ということですね」
「そうですね。血行がこう良くなります」
「はー、なんか頭の上というか後ろの辺りまでぎゅーっと縮まるような感じがしますね」
「頭皮を刺激してるわけですね」
「そうですね。収縮して血行を良くしてますから。はい」
「そして、じゃあ2つめ行きましょう。続いては、こめかみから耳の上にかけての運動です。先生、これはどの辺りの場所なんでしょう」

「はい、あの、こちらのこめかみですけども、こめかみからこの耳の上にちょっと扇状に筋肉がついてます。はい。この筋肉を運動するんですね。じゃあまず運動しましょうか」

「はい」
「お願いします」

「ちょっと顔を上に軽く向けてください。はい。そしてこめかみのところに手を当ててください。これはこの筋肉が動くのを確かめるためなんですね」

「はい」
「で、5秒かけて思いっきりぐわーっと歯を食いしばってください」
「はい」
「いいですか。はい、1、2、3、4、5。どうですか、筋肉の動きがわかりました?ぴくっと動きましたよね」
「固くなりました」
「ちょっと盛り上がってますね」

「はい。これが、この側頭筋が動いてるんです。はい、それでこのままで5秒頑張ります。1、2、3、4、5。はい、5秒かけて元に戻しましょう。1、2、3、4、5。はい」

「結構効くのわかりますね。ぐっと筋肉出てきますね」

「そして最後、3つめなんですが、3つめは首のこの部分の筋肉を鍛えます。ここを鍛えることで首から頭にかけて血行が良くなります。それでは先生、お願いします」

「はい、よろしいですか。まず3秒かけてですけど、右にいっぱい向きましょう。はい、1、2、3。はい、このままで頑張って5秒置きますよ。1、2、3、4、5。はい、5秒かけて反対行きますよ。はい、1、2、3、4、5。思いっきり。このままでまた5秒置きましょう。1、2、3、4、5。はい、5秒かけて前に戻しますね。はい、1、2、3、4、5」

「この運動によって、首から頭にかけてこう、栄養が十分に行き渡ると」
「そうですね。血行が良くなることによって毛の根っこ、毛根に栄養が行きます」
「まさに髪の毛が生えている頭皮全体、頭のその頭皮全体を刺激するということですね」
「はい」
「先生、こういった運動は1日に何回やるといいんですか」
「そうですね。1日に3回は最低やってくださいね」
「え、あの、何回やっても副作用ありませんので、ぜひあの頑張って」
「朝昼晩」
「そうですね、1回ずつ」
「食事の後でもいいし前でもいいし」
「そうですね。習慣づけるといいかもしれないですね。はい。先生、ありがとうございます」
「ありがとうございます」
「ちょっとあったかくなりました。この辺が」
「あー確かに。ちょっと」
「血行が良くなっている証拠ですね」
「そしてこれ以外にもですね、日常の中で抜け毛を防ぐための心が」