薄毛は病院に行けば治る!抜け毛、薄毛対策にいい食べ物とは?

抜け毛、薄毛対策にいい食べ物について、
詳しく説明している動画をご紹介します。


今や、抜け毛や薄毛は病院に行けば治るという時代が到来しましたので、お金に余裕のある片は、本当にお医者さんに行ったほうがよろしいのではないかと思いますけれども。
そこまでではない、医者に行くのは嫌だ、お金がないという方に今回は、お金のかからない抜け毛、薄毛対策をご紹介したいと思います。
まず、頭を洗う前にこのブラシで髪をよくブラッシングしてから髪を洗ってください。
ブラッシングすることにより傷んだ角質がとれて、頭を洗う際の、洗浄効果が上がるということです。
そしてシャンプーで髪を洗う際にはですね、二度洗いをしてください。
一度目は普通に、僕ぐらいの髪の量でしたらこの一円玉サイズで十分だと思うんですけど。
一度目洗いまして、二度目はその半分のシャンプーの量で丹念に洗ってください。
そして洗う際に気をつけることなんですけど、ごしごし、葉を磨く際もそうなんですけど、ごしごし強くやったらよく落ちるっていうか、いいっていうイメージありませんかね。
ただそれは駄目です。頭皮を傷つけてしまって、抜け毛、薄毛の原因になってしまいますので、この指の先の腹っていうんですかね、そこの部分でですね、軽くです、本当軽く頭皮を揉むように洗うのがいいらしいです。
ポイントは本当頭皮を洗う意識ということと、傷つけないってことですね。頭皮を傷つけてはいけないっていうことです。
この揉むように頭皮、毛穴から汚れを押し出すようなイメージで、優しく軽く丁寧に洗うということを心掛けてください。
次に、髪を洗ったらよく濯いでください。本当に濯いでくださいね。
頭を洗った後のシャンプーの成分が頭に残っていると、本当に頭皮、頭部によくないので、抜け毛、薄毛の原因になるようなので、しっかりと濯いで濯いで濯ぎまくってよく落としてください。
濯いだ後なんですけども、風呂から出ますとタオルで髪を拭くと思うんですけど、僕今迄本当にこうですね、ガーッとこう拭いてたんですよ。
これはよくないらしいですね。
タオルで髪を拭く際には、水気を取る際にはポンポンポンと本当に軽く優しく、これも頭皮を傷つけないように拭くのが一番のようなので、本当に軽く優しく水気を取るということをしてください。
タオルで水気をポンポンと軽くとったら次はこのドライヤーです。
僕今迄ですね、風呂から出てタオルで髪はごしごし拭いてたんですけれども、その後は放置してすぐ寝てしまっていたんですね。
濡れたまま寝ますと、頭が湿っている状態ですと、蒸れた状態ですとバクテリアというか菌ですかね。菌が増殖して、その菌が髪の頭皮の毛根っていうんですかね。栄養分を食べてしまって、栄養分がなくなり、抜け毛、薄毛の原因になってしまうんですね。
なので風呂から上がったら、かならずこのドライヤーで髪を乾かしてください。
このドライヤーなんですけども、もちろんこれもですね、あまりごしごしとやって、頭皮を傷つけてしまうようなドライヤーの髪の乾かし方はよくないです。
髪すごい乱れましたね。
なので、もちろん頭皮を傷つけないように乾かしてください。
そして乾かす際のポイントなんですけども、髪を乾かすにはドライヤーで7、自然乾燥で3という割合がいいようなので、ドライヤーで適度に髪を乾かして、あとは自然乾燥させてください。
あと最後に抜け毛、薄毛に効果がある食べ物。
例えばゴマ、シソ、玉ねぎ、にんじん、唐辛子等々がネットに載っていましたので、そういったものを調べて、抜け毛、薄毛対策にいい食べ物を無理しない範囲で食べるのがよろしいのではないでしょうか。
無理して食べると逆にストレスになって、抜け毛、薄毛の原因になってしまいますので、無理のない範囲でそういった効果のある食べ物も取り入れるというのもよろしいのではないでしょうか。
僕もこういったことに気をつけてですね、僕の広いでこがこれ以上広がらないように頑張っていきたいと思いますのでぜひぜひ一緒に頑張っていきましょう。