薄毛の相談に乗ってくれる病院の数は意外と多い!?AGAって本当に治る

AGAの治療について、
詳しく説明している動画をご紹介します。


全国でおよそ800万人の男性が悩まされているという薄毛。
そんな中、最近こんなCMが流れているのをご覧になった事ありませんか?

あなた薄毛の相談に乗ってくれる病院の数って、全国の駅より多いんですって。
ほうなの?
10000件よ10000件。
へー、じゃあ、オオボケ駅の近くにもあるのかな?
いい加減にしろよ。
それ突っ込みだよ。
10000件のお医者さんが薄毛の味方。
最寄駅からの検索もホームページで。

薄毛の病院?AGA?
聞きなれないけどとっても気になるこの言葉。
と言うわけで今日は、聞きたくても中々聞けない発毛のカラクリに迫ります。

はい。コマーシャルでやっております、今日は発毛のカラクリ、という事なんですね。
はい、えー、そうなんです。
先ほどのVTRにもありましたが、最近巷を騒がせているこちらの二つのキーワード。
薄毛の病院、AGA、この辺りをですね。
これ、あの、台本通りに読ませていただくと、ミヤネ屋薄毛代表として神足さんがタイアップ取材をして。

この曜日の神足さんしかもう無理だという事で、行っていただいたんですが。
はい。
神足さん、どうでした?
びっくりしました。
ここ5年ぐらいで、相当進歩したみたいです。
あのね、昔はね、その、要するに生えてくる薬があったらノーベル賞だなんて言われていたんですが。でも、今はね、現実的にそういうことが、まぁあるという。
ほぉーう。へぇー。
ええ。びっくりしましたよ。
生えてくる?
生えてくるものなんです。

薄毛の病院、この病院という言い方も気になりますけども。
そうですね。で、もちろん薄毛の男性だけでなく、ご主人の薄毛が気になっている、奥様必見です。

はい、神足です。
何の因果か、私を何かいじくって遊びたいと言う願望が皆さんにあるんでしょうね。
えー、今日はまずこの写真をお見せしましょう。はい。若い頃私もこうでした。
そしてこれが3年前に出した本です。
これは、まぁ、あの、髪の毛がなくなった者同士が語り合った本ですね。
現在ほとんど変わりません。
どうしてこれが、こうなったか。

そして、これがまたこうなるんではないか。という、今日は取材をしていきます。

というわけで、ミヤネ屋の薄毛代表として、こーたりんが向かったのは、大阪市北区にある、こちら、脇坂ナカツクリニック。

こちらの病院では、だい、いっ、具体的にどんな事をなさっているのですか?
そうですね。ここの病院は、頭髪専門、すなわち、発毛を専門にしている病院です。
発毛、毛が生えるっていうことが、もう、あ、現実化しているんですか?
あのー、男性型脱毛症というのは、今AGA、アンドロジェネティックアロペチアと呼ばれていまして、えー、現実的にですね、抜け毛を防止するのと同時に、えー、毛を生やすという事が、もうできているんですね。
えっ、もう毛が生えるんですか?
そうです。

そうなんです。薄毛は今やAGAという名前で呼ばれ、世界中でその研究が進められているんです。
遺伝や男性ホルモンなどを原因とする男性型脱毛症を、AGAと呼びこうしたM型、O型に毛が抜けるのがその特徴だそうです。

そこでズバリ、AGAって本当に治るんですか?

厚生労働省が認めるその内服薬を飲み続ける事で、実際にご覧のような効果が得られると言う夢の治療法。
早速、こーたりんも体験する事に。

先生、僕がこの治療をやったとしたらですね。
はい。
やっぱり、生えてくるんですか?

そうですね、ちょっと頭皮を見せていただきます。
ちょっと失礼、触りますよ。
そうですね、神足さんの場合にはうず位は巻くようになるかもしれません。
うずが巻くと言う、え、つむじが戻ると言う事か。
そういうことです。

ホンマかいな?

半信半疑ながら診断開始。
まずは、生活習慣や髪の毛に関する問診表を書きます。
それが終われば、専門スタッフによるカウンセリング。

割と長く、29年前くらいから、気にしていらっしゃると。

そうですね、大学入学の時に、あの、大学の前の町の床屋にいったんですけどね、あの、卒業ですか?と言われています。
日本会社ですか?
あ、なるほど!
就職活動ですか?と言われましたね。
そうなんですね。

じゃあ、育毛剤も何かを使っていただいたことはっていうのは?
あります。あの、人がくれるもんですから、50本ぐらい家にありますね。
ハハハハハ。
続けました?
いいえ、その時だけです。
うふふ、うん、その時だけ。うん。

続いて写真撮影。
はい、では、てっぺんで六枚撮ったんで私の方を向いていただいて。
はい、では。

治療の経過を見る為に、前、後ろ、上から写真を撮っておきます。
そして、血圧、採血検査。薬が体に合うか、そして抜け毛の原因を遺伝子からチェックします。
これが終われば、いよいよ具体的な治療法へ、果たして。

あの、どういう風に具体的には治療していけばいいんですか?
はい、うちの場合にはですね。つけ薬、飲み薬両方でやります。

はい。
で、まず、抜け毛を防止する事が、まず重要になりますから、えーと、ご存知ですかね。プロペシアという薬。
えー、今こういう薬があります。こういう錠剤なんですけれども、これはですね、抜け毛を防止する薬です。
抜け毛の原因は、もう、既にまぁ、研究の中でわかってしまっているので、それを抑えようという薬が、この薬なんです。

これこそ、先ほど阪大の教授もおっしゃっていた、抜け毛防止薬プロペシア。
まずは、90%以上の人が抜け毛が止まったというこの内服薬を飲みます。
さらに、治療はこれだけではありません。

ただし、抜け毛を抑えてもですね。いわゆる、その、中には産毛程度が生えてくると言う方もおられますけども、私の病院はですね、これは、発毛を狙う病院で、進行を止めるための病院ではありません。
ものすごい大胆な事をおっしゃいます。
はい。

発毛のポイントとなるのが、先生が取り出したこの、青い容器の中に。

それは、ミノキシジルという成分が入った発毛剤。
市販されている発毛剤よりも、2倍~6倍の濃度なんです。

ただですね。残念ながら、付け薬だけで、あと、この飲み薬だけで中々よくならない方もおられます。
その場合には、飲み薬でミノキシジルという成分を飲むという事も可能なんです。

そうなんです。研究により、今やミノキシジルの内服薬も、かい、開発されており、これまた効果は絶大。80パーセントぐらいの方はこれで発毛するんだそうです。
ちなみに、ミノキシジルとは、毛乳頭細胞に働きかけ、発毛を促進させると言う成分。
これらに加え、髪の毛の成分となるビタミンE2などを飲むことで、ご覧のように、本当に、毛が生えるというわけなんです。
この効果に引かれ、こちらの病院には、毎月1700名もの患者さんが訪れています。

ええー。すごーい。

お値段初診が、15750円。

けん、検査費込みで、保険には対応していないと。
で、プロペシア、病院では皮膚科や内科でも処方していると。
そしてミノキシジル。こちらは頭髪専門クリニックのみで処方されています。